創建社の技術

創建社が誇る技術をご紹介します。

超低燃費住宅Com.ie
快適な家創りを追求して誕生した世界基準の住宅
我慢しないで省エネと快適な暮らしを求めた家がCom.ie

木造軸組工法とは、柱、梁、桁、筋交い等 木製の軸組で家の骨組みを作る工法のこと。
プランニングの自由度が高く、日本の風土 に最も適した工法として永く伝えられて参りました。

現在では工業化が進み、耐力計 算に基づいた均一の品質が確保されています。
また弊社では継ぎ目に金物を使用し、 耐久性、耐震性に特化させています。修繕、 改築にも対応しやすい柔軟性を持つ事も軸組工法を選択するメリットになります。

HABITA はそれをさらに昇華させた製品となり、柱は 5 寸角、梁は 1 尺、長期優良住 宅としても申請出来る躯体になります。
鉄骨やRCにも対応しておりますので、お気軽にご相談下さい。

金物工法とは、通し柱にホゾ穴を入れる事無く、ピン金物を使用する事でより堅牢に柱と梁を緊結する工法となります。

通常、在来工法では緊結部にホゾ穴と言われる梁を繋げるための穴を空けるため、どうしても緊結部がやせてしまい、大地震や想定外の災害時に裂傷部分となる可能性を秘めています。

金物工法はそれを防いだ耐震効果を飛躍的に向上させる工法と言えるでしょう。

内装材には高千穂シラスの塗り壁や漆喰。床材には無垢の国産杉板や松、檜を推奨。
どちらも赤ちゃんが舐めても害が無く天然の素材です。

またお客様のご希望があれば様々なルートからタガヤサンやピーチなど珍しい床材を取り寄せる事が可能です。

塗り壁には調湿効果の他に消臭効果があり、結露や部屋のこもる独特なにおいを防ぎます。

無垢の床材は冬に裸足でも冷たくなく、経年で暖かみのある飴色に変わってゆきます。
天然素材を内装に使う事により、より健康に配した住まいづくりとなります。

予算に合わせてクロスやフローリングも各種取り揃えております。

創建社では樹脂サッシ〈エクセルシャノンⅡ〉及び木製サッシの仕様を推奨しております。

樹脂サッシは通常のアルミサッシと比較し、熱伝導率が1/1000、熱損失率が1/3、CO2排出量40%カットと、無駄なエネルギー消費をなくして快適な生活を送るための基準を最高の域で満たしています。また木製サッシはその樹脂サッシの2倍の性能を持った世界最高ランクのサッシとなります。
省エネによるコスト削減は、4人家族であれば年間85,000円程度の光熱費の節約に繋がります。
良い部材を使用する事は、家が快適になる事はもちろん、これから値上がりが予測される光熱費のランニングコストにも歯止めをかけることが可能です。

高気密高断熱住宅Com.ieでは熱交換器換気システムの導入が不可欠です。

通常の換気システムと違い、熱回収の有無、機器の消費電力などからランニングコスト(電気代及び燃料代)が大幅に変化し、初期投資の設備費用差額が数年で回収償却が実現します。トータルの費用対効果では第一種換気システムが圧倒的に優位であることから欧州では制度化されて導入が急速に進んでいます。

外部新鮮空気からの給気はヨーロッパ規格(EU7)のフィルターを通して室内に供給されます。このフィルターは杉・白樺と煤塵等の数十分の一程度の大きさまで集塵除去を可能にする仕様になっています。その効果から室内を穏やかにそしてクリーンに保つことが出来ます。また、お住まいになる方が簡単に交換等メンテナンスが容易な構造になっています。

創建社の建物では天井を現し〈吹き抜け〉にし、広々とした大空間を設計することが可能です。
また魅せる梁や柱には国産材を推奨しております。

古民家には現しを主体とした工法が使われており、天井を覆わないことで湿気を逃がしたり、国産材を使用する事でシロアリや害虫に耐性を持たしたり等、永く住まわれる知恵が息づいております。
メンテナンスや間仕切りも簡単に行えるため、子や孫に住み継がれる家づくりとなるでしょう。
日本の四季や文化を取り入れた気候風土に根ざした日本らしい住まいづくりとなります。

エネファームは、家で使う電気とお湯を一緒につくりだすシステムです。

エネファームがつくったエコな電気とお湯は、まるで“血液”のように家の中に送り出され、暮らしに活かされます。
電気は、照明や家電製品に。お湯は、キッチンやお風呂に。
また、床暖房などの快適設備と組み合わせることができ、暮らしはさらに広がります。

エコなのに、豊かなくらし。
エネファームは、そんな暮らしを支える“心臓”として、働き続けます。

創建社では全ての住宅に対してベタ基礎を推奨しております。
建物を線で支える布基礎に対し、面で支えるベタ基礎は、
軟弱な土地に効果を持ち、地面からの水蒸気を防ぐ効果があります。

また敷地全体に対して鉄筋を回すため耐震性、耐久性に優れており、
長期に渡り住み継いでゆける基礎となります。

経済産業省資源エネルギー庁は2030年までにエネルギー政策としてZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業)を新築住宅の基準として実現させることを目標にしています。
高効率家電や太陽光発電の利用、家庭用高効率給湯器等を取り入れて行こうとしていますが、まずは住宅の性能を上げる事を第一に考えた方がシンプルでは無いでしょうか?
隙間だらけの住宅にエアコンや暖房で作った熱をダダ漏れにするのはもったいない。せっかく作ったエネルギーをなるべく逃がさない高気密高断熱の家なら少しのエネルギーで快適な住空間になり冷暖房費の節約になります。
今、問題になっている地球温暖化、CO2削減にも貢献しますね。
これからの時代は高気密高断熱住宅がスタンダードであると創建社は考えます。

長期優良住宅も取り扱っております、お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ
お電話でのお問い合わせは
045-593-1883まで






 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください