HABITA

HABITAとは国産5寸角で作る大断面木構造住宅です。

古民家から学んだ知恵を現代の技術で蘇らせ、長期に渡り住み継がれてゆくことを目的とした高耐久住宅となります。

天井を現しに日本の四季を住宅に取り込んだ、五感に感じる住まいづくりが可能です。

柱は5寸(15cm)梁は1尺(30cm)の大断面木構造体を使用。
材種は国産の杉集成材。
接着剤には環境性能Aランクのレゾルシノール樹種接着剤を使用。

各製材工場の品質チェックを受け、魅せる構造体として、
また耐震耐久性ともに最高レベルの構造体となります。

また、地産地消を推し進め、
日本の山林環境の改善にも繋がります。

古民家では柱や梁、天井を「現し」にし、
外気に常に触れさせる事で、湿気やカビを逃してきました。

HABITAも古民家に習い「現し」を基軸とした造りを推奨しています。

年月を経て美しく風合いが変わる木材に
永く家を大切にする心が生まれるでしょう。

HABITAでは柱と梁の緊結にハラテックという特殊な金物を使用します。
ハラテックは鋼鉄業界では20世紀最高の鋳鉄と謂われ、現在ではマンホールや車のブレーキパッドに使用されるなど、高耐久でありながら粘りが必要な場面で必ず使用される金物となります。

抜けにくく、壊れにくい、また腐食にも強い、200年住宅を目指すHABITAならではの最高の金物となります。

木材は目に優しく、触れて優しい。
木の香りに癒され木特有の豊かな響きが部屋全体に溢れます。

視覚、触覚、味覚、嗅覚、聴覚の五感を刺激し、
日本の四季を心地よく演出する住まいになります。

HABITAは古民家に学び、永く愛される住まいを目指します。その為には耐久性や耐震性はもちろんの事、日本の四季や文化を取り入れることが大切であると考えます。
夏は夏らしく、冬は冬らしく季節を肌で感じ、国産材の温もりの中で生まれる生活は必ずや健全な心身を育むでしょう。

記憶のどこかにある「実家」を思い起こす家であり、子や孫たちに残してゆきたい家。

そのためには家は美しくなければなりません。創建社はデザイン建築の経験から新しいHABITAをご提案させて頂きます。

自然に近い家作りなら横浜HABITAの創建社へ。

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
お電話でのお問い合わせは
045-593-1883まで






 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください